イベント&ニュース

ニュースリリース

「半導体・オブ・ザ・イヤー2021」半導体製造装置部門でグランプリを受賞 ~パワー半導体製造用高温イオン注入装置「IMPHEAT®-Ⅱ」~

日新イオン機器株式会社が開発したパワー半導体製造用高温イオン注入装置「IMPHEAT-Ⅱ」が、このたび、電子デバイス産業新聞主催の「第27回 半導体・オブ・ザ・イヤー2021」の半導体製造装置部門において、グランプリを受賞しました。

本賞は半導体業界の優れた技術や製品を表彰するもので、本年で27回目を迎えます。今回は2020年4月~2021年3月の間に発表された製品・技術および紙面にて紹介された新製品の中から、開発の斬新性、量産体制の構築、社会に与えたインパクト、将来性などを基準に記者の投票により選定されます。


受賞製品のパワー半導体製造用高温イオン注入装置「IMPHEAT-Ⅱ」は、省エネ・省電力化・環境性の社会的ニーズが高まる中、電車・電気自動車や情報通信機器などの用途への利用拡大が見込まれるSiC(炭化シリコン)パワー半導体市場の拡大を見越し、これまで数年にわたり開発を重ね、同社製従来装置より一時間当たりのウェーハ処理枚数を約3倍に向上させた新製品で、全世界の顧客を対象に販売。2020年から納入を開始しています。

当社グループは、100年を超える歴史の中で培われた「事業の精神」に基づき、SDGs(持続可能な開発目標)にも通じる企業理念の実現を目指しております。2021年4月にスタートした新中長期計画「VISION2025」では、SDGsを中核に据えた成長戦略とそれを支える事業基盤強化に取り組んでおり、その一環として本受賞製品をはじめイオンビーム・プラズマ技術を利用したイノベーティブな装置、技術、サービスのトータルサプライヤーとして、持続可能な地球環境とあらゆる人々が活躍する社会の実現に貢献してまいります。


詳細情報につきましては、こちらをご覧ください。


« ニュースリリース一覧へ戻る

ページの先頭に戻る